Skip navigation

こんにちは。今日はリンクスキャットのコートの価格を参考までにアップいたします。本来オンラインショップにオーダーとして参考までにアップする予定でしたが、登録を進めると200万を超える価格の登録が出来ないことが解り、このブログにアップしました。すでに昨年、このコートは販売されてしまっている商品なのでオーダーという形で出品しようとしましたが、駄目でした。そのためここに記載してみます。オーダーなので現品ではありません。リンクスキャットの表示回数がオンラインショップやこのブログでも意外に多く、マフラー系はオンラインショップで見て頂き、コートの価格も参考までにここにアップしてみようと考えました。リンクスキャットについても他の毛皮についてもよくありがちですが、百貨店店頭、一般小売店、または他のオンラインショップでも馬鹿げた価格が提示されているものも多く、品質に対して適正な価格が付いているものが私が見る限り、ゼロではないですが少ないです。リンクスキャットは産地や個体ごとによって品質の差が激しい素材です。触ることの出来ないオンラインショップでは判断がとても難しい素材ですが、それでも敢えてショップに出してみようと考えましたが出来ませんでした。
画像は、すでに販売されて、お客様のものということなのでここには載せません。このコートは販売される前にインスタグラムでもアップし、当時まだフォロワーが100人前後のときに、海外毛皮業者から、たくさんの賞賛のコメントをいだだきました。時間があれば、こちらインスタグラムも見てください。

いつかリンクスキャットについても書こうと思っていましたが、ネットで見ても百貨店時代を思い返してもそうですが、リンクスキャットの一番の価値のある白い腹をほとんど使わずに、いわゆる、白い腹を取った残りの背中の部分で作ったようなマフラーやショールがリンクスキャットという名前だけで、驚くような高額な価格で出ているサイトをたくさんみます。販売する側にその価値の無さが解らないのか、リンクスキャットという名前で異常に高く売れると判断しているのかは不明ですが、同じ毛皮を扱う業者としてとても残念な現実があります。

そんなことを踏まえながらパショーネのオンラインショップを見て頂けると嬉しいです。
私のところの、オンラインショップは商品そのものにも価値がありますが、ニュースで記載する記事内容にも大きな価値があると確信しています。まだ、読んでいないニュース記事がございましたら、是非他のニュース記事も読んでください。毛皮商品につきましてはブランド力、イコール価値が高い商品ではありません。ブランド価値を極端に求めるお客様には価値がない記事ですが、本当に良い商品をというお客様には必ず、読んでみる価値があることを書いております。ネットで毛皮をお買いになる新しい毛皮のお客様が、適正な判断ができるための記事になるよう努めています。

最後に少し話が少し、逸れてしまいましたが、インスタグラムの画像を見て頂き少しでもリンクスキャットの素晴らしさが理解していただけると嬉しいです。

 

画像もひとつだけ載せます。製作途中の身頃部分の画像です。ここでも解りますが、真っ白よりも背の茶色い部分が少しだけ入ったほうが、よりリンクスキャットらしく、綺麗です。価格は税込み440万になります。オーダーなので、あくまで参考価格で着丈やフレアー等のデザイン次第で価格が上下いたします。

一般的に毛皮コートの襟の裏は、毛質の悪い部分を見えない部分に使う傾向がありほとんどが、そう作られていますが、この私が作るものは見えない部分にのほぼ真っ白に作ってあります。    長澤祐一

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください