Skip navigation

Category Archives: オーダーメイドについて

ここのところ投稿をさぼっていたので二日連続で投稿します。

高級、最高級、最上級、超レア等、ネットショップではよく見かける言葉です。見る度にまたかと思います。例にもれず毛皮のサイトも似たような言葉が出てきます。ネットの毛皮全部が高級品なら、普通のものはないことになり、逆に最高級品が全部なら最高級品と言われる特別な商品はないと書いているようなもので困ったものだと、いつも思ってしまいます。

もちろん、ちゃんとしたものもたまに見かけますが、これでオーダーなんかできるのかというような仮縫いトワルの写真や、仕上がったコートの画像をよく見かけます。話少しそれますが、仮縫いトワルを写真に撮るにしても使うボディが、これを使ってトワルの検品をするのか?というくらい酷いボディを使っていたり、ボディへトワルを正しく着せ付けるのは結構難しいのですが、こんな着せ付けで、裾が拝んでも逃げていても、どうでもいいのか?というような酷い写真を平気で載せる、これで仮縫いトワルの検品や最終で仕上がったコートの検品が出来るのだろうか?といつも思います。

何十年やってもオーダーは今でも私は難しいと感じます。しかし、お客様の側ではそれ以上に素人だからわからないという事態が生じます。業者を信用して、疑うことなくきっと綺麗に仕上ったのだろうと思い込み納得するという、微妙な空気がその場にいなくてもなんとなくわかります。それくらいいい加減なオーダーが多く見られます。

トワルもまともにボディに着せ付けることが出来ない、まともにアイロンもかけられない。検品するために必要なボディも持たない、そんな人達が仕上がってきたパターンやトワルをどうやって検品するのですか?

または仕上がってきた毛皮のコートをどうやって検品するのですか?確かにオーダーをやっていますとは言えますが、言えるのと出来るのは違います。パターンを何処かに依頼して、作る職人を探して、原皮を用意して、それで出来るというなら誰でもが業者としてオーダーが出来るということになります。でも、そんなに簡単ではないですよ。オーダーを極めるとなると。

あげくの果てに、こんな仕上がりの写真なら何故サイトやインスタグラムに出すのだろうというようなものが本当に多いです。私のところで仮に、そんなひどい仕上がりになって上ってきたら、絶対に画像なんか恥ずかしくてネットに出せません。出せるということは、その酷さが解ってないということの証ですから。

オーダーを完璧に仕上げるのは、そんなに甘くはありません。

こうやって書くと、一見、他人を批難しているように見えますが、実際には自分自身のオーダーやすべての仕事への厳しさ、難しさを自覚しているところです。

ごめんなさい。話が大きくそれました。

話を戻します。超何とか、最高級、超レア、もっとありますよね。パショーネオンラインショップの商品説明やニュースという記事がありますが、全部チェックしていませんが、多分、超とか最高級とかの言葉は使っていないはずです。

そんな言葉が要らないような商品と説明をしています。

だいたい、超レアとか書いてあるものでも、たいしてレアじゃないものがあったり、セーブルであればなんでも最高級とありますが、実際は食品と同じでピンキリがあったりする訳で、ものすごく幅が広いのが現実です。

超最高級なんて書いたら、自分のサイトがいかに陳腐かをわざわざPRしているようなものになります。楽天なんかのショップじゃよくありますが、例えばビッグブランドのホームページで、最高級なんて多分ですが、見ないですよね。超、、、なんてきっとありません。使えば使うほど安っぽくなりますから。

Googleの検索ロボットがこの陳腐な言葉をどう理解して、検索で拾われやすくなるのか、またはならないのかは私にはわかりませんが、仮に検索で引っ掛かりやすくなるとしても、超何とかとか、最高級なんて私は意地でも使いません。

丁度都合良く、それが差別化になると良いなくらいに思っています。  長澤祐一

 

 

こんにちは。今日はリンクスキャットのコートの価格を参考までにアップいたします。本来オンラインショップにオーダーとして参考までにアップする予定でしたが、登録を進めると200万を超える価格の登録が出来ないことが解り、このブログにアップしました。すでに昨年、このコートは販売されてしまっている商品なのでオーダーという形で出品しようとしましたが、駄目でした。そのためここに記載してみます。オーダーなので現品ではありません。リンクスキャットの表示回数がオンラインショップやこのブログでも意外に多く、マフラー系はオンラインショップで見て頂き、コートの価格も参考までにここにアップしてみようと考えました。リンクスキャットについても他の毛皮についてもよくありがちですが、百貨店店頭、一般小売店、または他のオンラインショップでも馬鹿げた価格が提示されているものも多く、品質に対して適正な価格が付いているものが私が見る限り、ゼロではないですが少ないです。リンクスキャットは産地や個体ごとによって品質の差が激しい素材です。触ることの出来ないオンラインショップでは判断がとても難しい素材ですが、それでも敢えてショップに出してみようと考えましたが出来ませんでした。
画像は、すでに販売されて、お客様のものということなのでここには載せません。このコートは販売される前にインスタグラムでもアップし、当時まだフォロワーが100人前後のときに、海外毛皮業者から、たくさんの賞賛のコメントをいだだきました。時間があれば、こちらインスタグラムも見てください。

いつかリンクスキャットについても書こうと思っていましたが、ネットで見ても百貨店時代を思い返してもそうですが、リンクスキャットの一番の価値のある白い腹をほとんど使わずに、いわゆる、白い腹を取った残りの背中の部分で作ったようなマフラーやショールがリンクスキャットという名前だけで、驚くような高額な価格で出ているサイトをたくさんみます。販売する側にその価値の無さが解らないのか、リンクスキャットという名前で異常に高く売れると判断しているのかは不明ですが、同じ毛皮を扱う業者としてとても残念な現実があります。

そんなことを踏まえながらパショーネのオンラインショップを見て頂けると嬉しいです。
私のところの、オンラインショップは商品そのものにも価値がありますが、ニュースで記載する記事内容にも大きな価値があると確信しています。まだ、読んでいないニュース記事がございましたら、是非他のニュース記事も読んでください。毛皮商品につきましてはブランド力、イコール価値が高い商品ではありません。ブランド価値を極端に求めるお客様には価値がない記事ですが、本当に良い商品をというお客様には必ず、読んでみる価値があることを書いております。ネットで毛皮をお買いになる新しい毛皮のお客様が、適正な判断ができるための記事になるよう努めています。

最後に少し話が少し、逸れてしまいましたが、インスタグラムの画像を見て頂き少しでもリンクスキャットの素晴らしさが理解していただけると嬉しいです。

 

画像もひとつだけ載せます。製作途中の身頃部分の画像です。ここでも解りますが、真っ白よりも背の茶色い部分が少しだけ入ったほうが、よりリンクスキャットらしく、綺麗です。価格は税込み440万になります。オーダーなので、あくまで参考価格で着丈やフレアー等のデザイン次第で価格が上下いたします。

一般的に毛皮コートの襟の裏は、毛質の悪い部分を見えない部分に使う傾向がありほとんどが、そう作られていますが、この私が作るものは見えない部分にのほぼ真っ白に作ってあります。    長澤祐一

 

4~5年前に大切なお客様からのご依頼で作ったオーダーメイドの帽子です。帽子はアトリエでは、めったに作ることがありませんが、作るときはかなり気合をいれて作ります。下の写真はテレビドラマの一風景ですが、このような感じに作りたいというご要望で作りが始ましました。 Read More »

私たちのアトリエでは仕上がりに効果があるとわかれば、どんなに時間やコストがかかっても、そしてリスクがあっても、ほとんどの場合トライしていきます。それが、誰も見たことのないような仕上がりを生むと信じているからです。

ひとつ余談ですが、今回のブルーアイリスは色が濃いことが特徴です。しかし、濃いといっても、綿毛まで真っ黒なわけではなく刺し毛が濃いということで、その濃い目の刺し毛に隠れた綿毛が、その隙間から青白く光るように漏れてくるその光景は、このブルーアイリスでなくては表現できない、素晴らしい表情であり色香です。写真を見てもアメリカタイプのボリュームと刺し毛の短さがよく解ると思います。 Read More »

今回は作りの部分にも少し触れていきましょう。今回の問題点は、メスといえども、オスと同じくらいになると、毛質はメスの柔らかさを持っていても、皮はさすがに2~3サイズと比べると厚くなり、そのまま仕上げたのではオスの0サイズを使ったような重い仕上がりになってしまいます。

当然、私が通常やる再なめしということも考えたのですが、再なめしによって、ブルーアイリスにわずかにかけたブルーイングという青味をつけた色がなめしによって必ず落ちてしまい、しかも、均一に落ちれば再度ブルーインをすればいいのですが、落ち方が均一じゃない場合は、せっかくマッチングして選びこんだ材料の色がバラバラになりかねません。そのために再なめしは諦めることにしました。

しかし、このままでは必ず重い仕上がりになってしまいます。 Read More »

以前、毛皮のオーダーメイド(毛皮の調達)という記事を書きましたが、今日は、実際にあったことを具体的に書いてみようと思います。

今回のオーダーメイドはブルーアイリスミンクのロングコートです。

一般の方には解らないかもしれませんが、メスのブルーアイリスをコートバンドルで持っているような原皮屋さんは、国内には、まずありません。しかも、メスの1~0サイズでアメリカ産で最高の原皮などと制限を付ければ国内では、まったく手配ができない状態になるのです。持っているところもないことはありませんが、当然、何年も前の、黄色く焼けたようなブルーアイリスがいいところでしょう。それほど、良い原皮を手配するというのは大変なことなのです。 Read More »