Skip navigation

Category Archives: オンラインショップ

こんにちは。今日はリンクスキャットのコートの価格を参考までにアップいたします。本来オンラインショップにオーダーとして参考までにアップする予定でしたが、登録を進めると200万を超える価格の登録が出来ないことが解り、このブログにアップしました。すでに昨年、このコートは販売されてしまっている商品なのでオーダーという形で出品しようとしましたが、駄目でした。そのためここに記載してみます。オーダーなので現品ではありません。リンクスキャットの表示回数がオンラインショップやこのブログでも意外に多く、マフラー系はオンラインショップで見て頂き、コートの価格も参考までにここにアップしてみようと考えました。リンクスキャットについても他の毛皮についてもよくありがちですが、百貨店店頭、一般小売店、または他のオンラインショップでも馬鹿げた価格が提示されているものも多く、品質に対して適正な価格が付いているものが私が見る限り、ゼロではないですが少ないです。リンクスキャットは産地や個体ごとによって品質の差が激しい素材です。触ることの出来ないオンラインショップでは判断がとても難しい素材ですが、それでも敢えてショップに出してみようと考えましたが出来ませんでした。
画像は、すでに販売されて、お客様のものということなのでここには載せません。このコートは販売される前にインスタグラムでもアップし、当時まだフォロワーが100人前後のときに、海外毛皮業者から、たくさんの賞賛のコメントをいだだきました。時間があれば、こちらインスタグラムも見てください。

いつかリンクスキャットについても書こうと思っていましたが、ネットで見ても百貨店時代を思い返してもそうですが、リンクスキャットの一番の価値のある白い腹をほとんど使わずに、いわゆる、白い腹を取った残りの背中の部分で作ったようなマフラーやショールがリンクスキャットという名前だけで、驚くような高額な価格で出ているサイトをたくさんみます。販売する側にその価値の無さが解らないのか、リンクスキャットという名前で異常に高く売れると判断しているのかは不明ですが、同じ毛皮を扱う業者としてとても残念な現実があります。

そんなことを踏まえながらパショーネのオンラインショップを見て頂けると嬉しいです。
私のところの、オンラインショップは商品そのものにも価値がありますが、ニュースで記載する記事内容にも大きな価値があると確信しています。まだ、読んでいないニュース記事がございましたら、是非他のニュース記事も読んでください。毛皮商品につきましてはブランド力、イコール価値が高い商品ではありません。ブランド価値を極端に求めるお客様には価値がない記事ですが、本当に良い商品をというお客様には必ず、読んでみる価値があることを書いております。ネットで毛皮をお買いになる新しい毛皮のお客様が、適正な判断ができるための記事になるよう努めています。

最後に少し話が少し、逸れてしまいましたが、インスタグラムの画像を見て頂き少しでもリンクスキャットの素晴らしさが理解していただけると嬉しいです。

 

画像もひとつだけ載せます。製作途中の身頃部分の画像です。ここでも解りますが、真っ白よりも背の茶色い部分が少しだけ入ったほうが、よりリンクスキャットらしく、綺麗です。価格は税込み440万になります。オーダーなので、あくまで参考価格で着丈やフレアー等のデザイン次第で価格が上下いたします。

一般的に毛皮コートの襟の裏は、毛質の悪い部分を見えない部分に使う傾向がありほとんどが、そう作られていますが、この私が作るものは見えない部分にのほぼ真っ白に作ってあります。    長澤祐一

 

最近、私自身がネットによくありがちなSNSやオンラインショップを通じて同じ情報をあっちこっちに出すということをしています。少しでもたくさんのひとに知ってもらおうという思いからなのですが。しかし、これは効率は良いのかもしれません。しかし、私が読者であれば、きっとがっかりするだろうなと本音では思います。

例えば、ブログで読んだ記事をオンラインショップやインスタグラム、Facebook、Twitterでも読まされるということは良くあることと言えば良くあることなのですが、私自身やりながら恥ずかしく感じます。

そんなこともあり、今後はFacebookやTwitterにインスタグラムからリンク設定をしているので、これはこのままインスタグラムに入ってみてもらい、他のブログやオンラインショップでの記事はリンクせず常に単独記事にしていこうと思います。いく先々で新しい情報が見れるという期待感こそが自分が求めるスタイルなのかもしれないと考えました。

確かに同じ情報をいろんな場所に出して、たくさんのひとに見てもらいビジネスにつなげるというのも今時のやり方かもしれません。しかし、毛皮という元々特別な商材を誰にでもというのは、やはり違うような気がします。限られた人に限られた情報を伝える。そして見に来てくれたひとには、ここに来れば必ず、新しい何かが得られる。そう期待感をもってブログやオンラインショップ、インスタグラムに来てもらおうと思います。

仮に画像は同じものを使ったとしても記載するものは、その時に感じたことを書いていきます。ここひと月、ブログやオンラインショップで同じことをお伝えしてきたことをお詫びするとともに今後は同じ記事を別の場所で掲載することはありません。確かに、情報を提供するものとしては都度、新しいものを用意するということは厳しいのですが、期待を裏切らないことが、やはり大事だと、ここ数日考えました。

前回まで、オンラインショップとダブルことがありましたが、今後は、オンラインショップはオンラインショップで読んでもらい面白いと感じるようにいたします。逆に言うと、ここで書いたものはここでしか読めません。今後もこのブログをよろしくお願いいたします。                長澤祐一

こんにちは。今日はオンラインショップで商品販売後、どこまでアフターが出来るのかをオンラインショップのニュースに記載いたしましたので、このブログにも載せてみます。

以下、ニュースの記事です。

回答 1  工場直売という心地よい言葉の落とし穴と パショーネの立ち位置

以前  2021/6/15 に 今日のタイトルについて記載いたしました。今日は、その解答を今現状で出来るだけしてみようとおもいます。

前回の記載につきましては、ここでは述べませんので出来ましたら 2021/6/15 のブログ記事をお確認くださいませ。

本題に入ります。オンラインショップでのガーメント(コート類)、小物(バッグやマフラー類)につきましては、購入後一回目のお手入れやクリーニングは無料とさせていただきます。ただひとつだけお客様へ要望があるとすれば、送料につきましては、ご負担いただけますようお願いいたします。

ここ近年の暖冬もあり、お客様によっては年に何回も着ない、またはまったく着ないという場合もあるかと思います。クリーニングサービスは、購入後一回とあり、二年後三年後でも一回目は無料になります。現時点ではオフラインでのお客様対応も同じでございます。クリーニングはヘビーユーザーであれば毎年をお勧めいたしますが、一回目の無料クリーニング以降も格安で提供しております。料金はここでは明記いたしません。もちろん、お買い上げのお客様の商品がメインではありますが、すでに他店でご購入済みのコート等も、ご依頼があればお受けいたしております。クリーニング代金につきましては直接、問い合わせくださいませ。

バッグやマフラー等もエリに直接触れる部分やバッグの持ち手部分等も一回目は無料とさせていただきます。送料だけご負担をお願いいたします。

クリーニングにつきましては、全てパショーネアトリエ内で行います。専門業者には出すことはありません。

これ以外のアフターケアーにつきましては、オンラインショップでどこまで出来るのか?どこまで求められるのか?を検討し再度、発信をしてまいります。    長澤祐一

最近、インスタグラムのプロフィールでも工場直売、、というような文字が海外業者にも多く見かけます。
今日は、毛皮という商材に限定した上で、この辺のことを書いてみます。

私のところも、工場直売といえばそうですし、小売りといえば小売りです。卸価格で提供しますという、いわゆる卸直売ですともいえなくもありません。何故かといえば、ほとんどの商品を自分で作って、それをすべて自分達で販売しているからです。過去に卸だったり、委託加工業だったり、百貨店に常設してパショーネブランドとして販売したり、その合間に、ブログから入っていただいたり紹介から入っていらっしゃったりした、お客様とお付き合いをさせてたいただいたりと、様々な形態、業態を経験してきました。

工場直売が悪いということを書くために今日の記事を書いたのではありません。
工場直売がイコール安い、、、というイメージを売る側も買う側も持っていますよね。
百貨店を一度でも経験すると百貨店は一切のリスクを負わないという現実が解ります。毛皮も含めて、ファッション関係は流行というものが存在します。百貨店は流行りを求め、さらに華やかさや、より変わったものも求めます。もちろん売れ筋もです。そのためにメーカーは毎年新作を企画して商品化をし、店頭に並べます。毛皮も同じことをしています。メーカーはその売れ残りのリスクも考えて価格を上げざるを得ません。そのため価格は高目になります。ただし、百貨店のすごいところは徹底して顧客フォローをします。毛皮商材に限っては、私達が経験したなかでは、ここまでするのか?という感じです。もちろん、メーカーがいればメーカー負担のもが多く、場合によっては直接、百貨店がリスクを持つということもあり、お客様にとってはありがたいことなのです。
一般の小さな小売店などが絶対に出来ないところまでやります。というか、ほとんどメーカーがやらされます。

最近、よく見かける工場直売や、卸価格で、、、というようなことで販売しているところがありますが、小売りとの違いは何なのでしょう。その意味は毛皮で言えば、適切なアフターがあるか?ということになろうかと思います。売りっぱなしであれば、工場直売という、その販売形態も良いのかもしれません。アフターといってもいろんなものが存在します。電気製品のようなものであれば発生しませんが、毛皮はあくまで見た個人の判断によって決まることが多いこともあり、何かお客様が不安や不満を抱えていれば対応する必要があるのですが、それをまったくしない発想であれば工場直売や卸直売もありなのです。そう割り切っているところもあるのでしょう。私達も、このことについては何度も考えましたが、工場直売という発想で極端に安く提供しようとはしていません。より安心に買っていただくために必要な価格というのは、やはり存在します。
巷に、たくさんあるネット特有の安さを売りものにしたところとは別のものと考えています。

ひとつ付け加えますが何故、卸が自分達で販売しようとするのか、これは、小売り側にそもそも大きな問題があるようにも思えます。私達がいた業界では、本来顧客サービスや企画は小売り側がやるのが当たり前なのですが、徐々に小売り側が、その役割を放棄して新企画やサービス、クレーム処理、等を卸側に求めてきたころに一部、起因するように私は感じます。本来一番利益率の高い小売り側がたいして役割を持たなくなってしまったということです。利益率の高いところほど、会社が潰れていきました。呉服などは特にそう感じます。

話を戻しますが、工場直売が有効なところもあります。毛皮でも、品質の良さを特に厳しく求めない商圏もあるでしょう。それはそれで良いのです。再度書きますが、私達は一見、全ての商材を自社アトリエで作成する分、工場直売とみられますが、売りっぱなしの工場直売ではありません。オンラインが出会うきっかけであっても、お客様と実際に会うことがあれば、またはオンライン上でも、アフターのことや商品説明も、おもてなしも含めて質の高い対応をいたします。オンラインショップは入口であり、それで終わりではないのです。

今後、少しずつオンラインでなにが出来るのかを考えてまいります。そして、少しずつですが、金額の対価として商品以外にどんなことが提供できるのかを記載してまいります。少しお待ちくださいませ。

最後にもう一つ、くどいですが付け加えます。上で記載してきたことからパショーネの商品は高いのか?と誤解を受けるかもしれませんが。そうではありません。実際に手に取ってみてもらえば解りますが一般的な価格・価値相場からいえば全てにおいて、とても割安であり、何よりも大事なことは私達が作りだすものは他では同じものが手に入らないということです。   長澤祐一

つい先日、オンラインショップでニュースをアップしました。個別の商品のことではありませんが、大事なことなので、このブログにも記載いたします。読んでみてください。

商品の現物確認について

こんにちは。今日は商品のアップではありませんが、ひとつお伝えしたくて、ここに記載いたします。商品につきましては可能な限り特徴や詳細を記載しております。しかし、完璧ではありません。最終判断をするのにどうしても現品が見たいと思うお客様がいらっしゃると思います。その時には、パショーネのアトリエ(埼玉県川越市)までご来店いただければ、昨年四月まで20年在籍していた百貨店時代に出品していた商品も含め、ご覧いただくことができます。もちろん、大手問屋のような幅広い点数はありませんが、絶対にパショーネでしか見れない商品があります。ご予約をいただきご来店いただければ、このオンラインショップの商品以外も含めて試着していただいたり、毛皮素材や生地素材も含めてアトリエにあるもの全てを見ていただくことができます。さらにご自分のお持ちのファーについて質問やリメイクの相談や質問があれば、お持ちいただければ対応いたします。
お客様への対応と商品説明につきましてはデザイナーと私がいたします。もちろん、他店にありがちなしつこい販売員のような接客はありません。ご来店いただいたお客様が半日でも一日でも楽しんで、お帰り頂くことを必ずお約束いたします。

私達の、このオンラインショップは、新しいお客様との出会いを求めて始めましたが、このショップを進めていくなかで様々な問題点や課題が見つかります。これからも、日々考えながら私達だけのオンラインショップにしていこうとも思っています。本来は、都内にて実店舗があれば良いのですが、アトリエに併設した接客スペースでなければパショーネの本来の良さが発揮できません。そのため、どうしてもアトリエまで来ていただくことになってしまいます。都内、もしくは関東近県のお客様であれば、なんとか来ていただくことが可能かと思っております。ご来店が一日がかりになってしまわれるお客様もいらっしゃるかもしれませんが必ず、来たことそのものに、必ず、ご満足いただけるものと確信しております。
このオンラインショップのスタイルは、今後も今の時流と毛皮という素材の両面に併せられるよう少しずつ変化させてまいりますのでお待ちくださいませ。次回は、ご来店いただけない遠くにお住まいのお客様への対応を考えたものを報告させていただきます。お時間いただきますがよろしくお願いいたします。

アトリエまでは、都内池袋駅から東武東上線で急行に乗っていただき35分で霞が関駅まで来ていただければ、お迎えに上がります。ご連絡いつでもお待ちしております。       長澤祐一

 

以上ここまでが、オンラインショップのニュース記事になります。オンラインショップを始めるときにも書きましたが、やはり、私達の商材をオンラインで一切触ることも見ることもせずに購入決定をすることは、とても難しいと感じます。ショップ開設当初から一般的なオンラインショップでは上手くはいかないだろうとも感じていました。オンラインショップはあくまで商品の紹介や価格のお知らせ、さらには商品以外のサービス等のお知らせ、紹介をするツールとして利用して、その先は、また新たな方法を検討するしかないのかとも感じています。ただ、今回の提案だけですべでが解決できるとも思っておりません。いつか、アトリエまで足を運ぶことができないお客様のためにも他の方法を検討する必要があると感じています。このことにつきましては、いつか検討をしたうえで、またショップニュース、またはこのブログにてお知らせをいたします。                  長澤祐一

 

本日、パショーネのオンラインショップがオープンいたしました。下記にショップのサイト内にNEWSというコメント欄があり、そこに記載したテキストをそのままコピーして載せます。

私のブログを何度も見ていただいている方にはお分かりだと思いますが、いつもよりも短めですが、私達の精一杯の思いを込めましたので読んでみてください。そして興味があるときにはパショーネ・オンラインショップを覗いてみてください。

パショーネオンラインショップ
https://fur-passione.com/

オンラインという言葉の意味を正確に理解すれば、ここで毛皮の魅力を伝えきることが出来るのかと、そう思います。しかし、その壁を乗り越えて毛皮素材の本当の魅力をここで伝えていくつもりです。

私達パショーネが、創業から30年の間でここに至るまで、20年くらい前に、当時、大手ファーメーカーが何社も日参して出店を懇願していた、あの日本一の百貨店の毛皮サロンに小さな私達の会社が商品力のみの評価で出店、そして常設できたこと、さらに最近では、ここ2年間、インスタグラムで海外の毛皮のプロにどう評価されるかを問うて来て、海外には、あまり見られない私達の繊細な商品作りが十分に、いや予想以上に理解され、たくさんのDMやコメントで評価されていることの確信をもっての、このパショーネオンラインショップのスタートです。

これから一点ずつですが自分たちが納得したものを出品していきます。その一点一点に私達パショーネの思いを込めて提供いたします。一枚一枚の画像や、このわずかなテキスト文字や商品説明の中から、商材の魅力や情熱を感じ取り、さらに私達の”思い”を共有していただき、その先の、ご購入に至っていただけるようなことがあれば、本当に幸せに思います。

長澤祐一

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ