Skip navigation

スクリーンショット 2015-07-22 09.16.12

今日は以前当ブログで書いた>Dropbox プロ(個人ユーザー向け)の使い勝手で、最近判明したことを少し訂正をしようと思います。

以前からも会社で使うHPのZ1というワークステーションが重く感じることがあったのですが、ドロップボックスプロの導入後、特に重く感じることが多くなりました。

一番の問題はこのドロップボックスプロではなかった

一番の問題はこのドロップボックスプロではなかったことをお伝え致します。
画像にもありますが、応答なしで すでにCPUを25%前後使っている状態で、ここにドロップボックスプロの開始時のインデックス読み込みにいく動作も加わり、異常な重さになっていたことが最近わかったのです。

画像はタスクマネージャのパフォーマンスタブから開いたリソースモニターですが、プロセスの一番上にあるexeは、HPのサポートによると、海外向けのZ1に使われるソフトが起動してしまっているらしいとの回答でした。これが何故出てくるのは解らないとも言われ、日々のアップデートにも何か問題があるのかもしれないのでアップデートを手動に切り替えてとも言われました。

自動アップデートを手動に切り替えてみた

実際に自動アップデートで、いきなり再起動したりして困ることも多く、この際と思い手動に切り替えてみました。さらに、ウィルスソフトなどの起動時に更新がかかるものもオフにしたりして、起動時の負荷を減らしたのですが、それでも重くなることがあり、リソースモニターを見ていたら、もう一つ気になるものをみつけました。

svchostというexeがあり、これが15%くらいCPUを使うことがあり、これと、ドロップボックスで20%のCPUを食ってしまい、ワークステーションでもやはり、相当、重く感じます。

このsvchostはネットでの検索で、やはりPCが重くなるという記載が多々あり、自分なりにトライしてみました。私は素人なので解決方法は記載しませんので、気になる方は、ご自分で検索していただき、解決策を探っていただければと思います。

訂正とお詫び

そんなわけで、一番の原因はドロップボックスの起動時に使うCPUの問題ではなかったことについて、訂正とお詫びをいたします。もちろん、ドロップボックスの起動時は多少負荷もかかり、重たくはなりますが、ドロップボックスプロ自体のPC起動時のCPUの使用率は5%前後で、大きな問題にはならないと今は感じています。

ただ、当初はこの5%増えたことによって、これまで我慢して使っていた重たさが、我慢しきれないような重たさに変わったということだったのだと、今は思います。

長澤祐一

にほんブログ村 ファッションブログ オーダーメードへ
ファッションブログランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください